糖尿病の原因について

糖尿病の原因について

糖尿病という病気の名前のことは知っていても、糖尿病が一体どんな原因で起こってどんな症状を体に及ぼしてしまうのかわからないという人がたくさんいるかと思います。
糖尿病の原因について、詳しくご紹介していきます。

糖尿病には、大きく分けて下記の4つの種類があるという事をご紹介しました。

1.T型
2.U型
3.その他の特定の機予や疾患によるもの
4.妊娠糖尿病


その種類によって、原因が多少異なります。

1.T型
インスリンを作る細胞が何らかの原因で壊される事が原因。
特に、子供や若年者に多い傾向にあります。

2.U型
インスリンの働きが悪くなったり、分泌が少なくなったりするのが原因。
特に、中高年以降の方に多い傾向にあります。

3.その他の特定の機予や疾患によるもの
遺伝子異常や他の病気の薬剤などが原因。

4.妊娠糖尿病
インスリンの働きが悪くなり、胎児へのブドウ糖が不足するのが原因。
妊娠中は、胎児に大きく影響する為、糖尿病までとはいかないがわずかな高血圧でも「妊娠糖尿病」といいます。

『生活習慣の乱れ』が原因

睡眠

また、全てに共通して考えられる糖尿病の原因は、簡単に言ってしまえば生活習慣の乱れです。
詳しく分解してくと、睡眠不足、暴飲暴食、運動不足、ストレスの蓄積、喫煙などがあげられます。

血糖値が上がってしまうことによって引き起こされるこの病気なのですが、この病気の恐ろしいところは、他の病気を併発させてしまうというところにあるんですね。

血管や臓器の病気などを併発させてしまい、そしてそれらの病気は生死に関わる病気になってくる大きなものなので、糖尿病になってしまうと本当に死の恐怖に怯えなければいけないのです。

なので、糖尿病にだけはならないようにしっかりとバランスのとれた食生活や睡眠をとることが大切だといえるでしょう。